Top DAのサービス DAのケイパビリティ
Capability

ケイパビリティ

ケイパビリティ

DAでは高品質なAI開発・ソリューションを実現するため、ユニークなケイパビリティを保持しています。 各々のアセットが有機的に機能することで強みとなり、クライアントの課題解決に直結するサービス提供が可能となっています。

海外開発拠点DDAM

高品質なサービスを支える海外開発拠点DDAM

電通データアーティストモンゴル(DDAM)は、DAの開発拠点として2018年6月に設立。
隠れたIT大国とも呼ばれるモンゴルでは、数学や物理を中心とした自然科学を重視した高専制度の導入、高度なプログラミングスキルの習得が可能な技術大学の創設、国費留学など、国を挙げて世界で活躍できる競争力の高いIT人材を育成しています。
開業からわずか1年ほどで社員数は50名にまで達し、今後も拡大していく予定です。

優秀な人材による高い開発力

DDAMは、独自のリクルーティングシステムにより世界数学オリンピックメダリストをはじめとした優秀な人材で構成されており、その高い開発・実装力によってDAのAI開発を全面的にサポートしています。

また、グローバルIT企業や世界トップクラスの研究者も参加するAIをテーマとしたイベント「Deep Learning UB」にスポンサーとして協賛するなど、AIに関するイベントやセミナーを積極的に提供することで優秀な人材を惹きつけることに成功しています。

  • Dentsu Data Artist Mongol(DDAM)
    所在地:ウランバートル(モンゴル)
    役職員数:51名

技術力をアップデートする
R&D体制

DDAM内の高度IT人材によって構成された「R&D Team」が学術論文などを研究。そこに、顧客フロントに立つDA内の「AI Tech Lab」の視点を加えることで、基礎技術をソリューションレベルの技術に引き上げる「社会実装化」を行っています。

  • AI Tech Lab DAの「AI Tech Lab」は、ビジネス課題に対しAIソリューションを提供するミッションを抱えているチームです。主な業務は、AI活用プロジェクトの要件を整理し、仮説検証(PoC)を行うことです。
    Dentsu Data Artist Mongol社のR&D Teamと一体となり、ソリューションの幅広さと深さを図っています。
  • R&D Team DDAMの「R&D Team」は、技術競争力の種となるAI技術を研究・開発することをミッションとするチームです。数学、物理といった自然科学とプログラミングの知識を生かし、深層学習に基づいたAIの研究開発を行います。
    Data Artist社のAI Tech Labと一体となり、ビジネスとアカデミックの両立を図っています。

学術的視点での
知見獲得を行う産学連携

東京大学との共同研究により技術的深度を探求

DA代表、及びCTO、DDAM代表は東京大学在学中、日本のAI研究の第一人者として知られる松尾豊教授の研究室に所属しAIに関する知見を深めてきた経緯から、現在でもDAとDDAMは東京大学未来ビジョン研究センターと共同研究を行っており、PICMETなどの国際会議への参加、共同論文の発表も行っています。

東京大学との共同研究を進めることで、AIの最先端技術を活用した新事業の研究開発も積極的に進めています。

セキュアな運用を確保する
知開発環境

情報セキリティマネジメントシステムの認証取得

DAはAI・ソフトウェア開発やソリューション提供において、認証機関であるBSI Japan(※1)からISMS(※2)のグループ認証を取得しており、定められた運用を実施しています。

取得認証 IS 598941/ISO 27001

※1 ) British Standards Institution Japanの略。BSIグループジャパン株式会社。
※2 ) Information Security Management Systemの略。情報セキリティマネジメントシステム。国際基準となるISOの様々なマネジメント企画のひとつ。

データ高速処理を実現

DAでは、コンテナー・オーケストレーション・システム「Kubernetes」を搭載した開発環境を利用することで学習データの高速処理の他に、AIシステムの高可用性、拡張、自動復習の運用を可能にしています。
本番環境のサーバーレスストラクチャーを利用することでシステムの運用コストを抑えながら、AIモデルの再学習やデータの調整など、開発後でも柔軟にAIシステムの改善施策を行うことができます。

充実したデータ確保を
可能とする電通グループ

電通グループとの協業

DAが参画する電通グループは日本国内だけでなく、世界145以上の国・地域に展開する世界最大級のB2B企業です。
事業ドメインを広告からソリューションに変化させている電通と、AIを強みとしているDAは、共同でAIを軸とした 次世代ソリューション構築に力を注いでいます。
その中で、高精度なAIシステムの開発には「量」と「質」のあるデータの他に、「多種」なデータソースからのデータが求められます。グループネットワークとアライアンスの中で、様々なユニークデータを調達しやすい体制は差別化を生み出す源泉となり得ます。