Top DAのサービス KEY RING AI 事例

事例 1:AIキャラクター

使用AIモジュール

  • 音声認識・合成モジュール
  • レコメンドモジュール
  • 分類、回帰、クラスタリングの基礎モジュール
  • 自然対話モジュール

AI キャラクター タミ子

複数の高性能AIを搭載し、超自然な対話を実現したAIキャラクターモジュール。チャットボットの範疇を超え各種メディアでの展開を見せています。

最新AI技術で顧客との双方向コミュニケーションを実現

最新の自然言語処理技術を用いており、顧客との違和感のない双方向コミュニケーションを実現しました。 文脈に応じた対話、音声での対話も可能です。さらに、「レコメンド」や「予測」など、実務的な機能を組み込むことも可能で、キャラクターの設計次第で幅広い役割を担うことが可能です。

DX時代の情報獲得プラットフォームとしても機能

顧客との対話で嗜好性などのデータを収集することで、マーケティング施策への転用が可能です。Cookieレス時代の顧客情報獲得のプラットフォームとしての活用が見込まれています。

学習用データの収集を効率化し“AI育成”のハードルを下げ、様々なジャンルにカスタマイズ可能

開発コストが低く、エンジニアの稼働を削減可能に、またユーザー自身によるデータのインプットやAI学習を実現可能で画期的なインターフェースを実装。これまでもテレビやイベントなど、多くの分野で活躍してきました。

この事例の活用が期待できる産業・企業

老人ホームや幼稚園でのフレンドリーな会話を実現するコミュニケーションボット

流通・小売現場にて顧客別のレコメンドを行う対話型コンシェルジュボット

地域観光スポットの紹介・ナビゲートでツーリストを支援するガイドボット

顧客DBの購入履歴や流行を元にファッションコーデを提案してくれるコーディネートボット

事例 2:アイデア発想支援ツール

使用AIモジュール

  • キーワードネットワーキングモジュール
  • 音声認識・合成モジュール
  • WEBクローリングモジュール

INSPIRATION WALL

会議でのクリエーティブなアイデア発想を、AIが支援

Inspiration Wallは、企画会議などにおける議論の煮詰まりなど、クリエーティブな発想の創出への障害を取り除く、アイデア発想支援ツールです。

AIがクリエーティブジャンプをサポート

Inspiration Wallは、ミーティング内容をAIで分析し、さらなるインスピレーション余地のあるワードを選択し、関連する発想の種(連想ワードや画像)をスクリーン上に投影することで、参加者の発想を刺激し続けます。 単なる関連用語の範疇に収まらない提案が可能で、様々な素材の提供によるインスピレーショナルな環境構築を通じて、参加者のクリエーティビティーを高めます。

ミーティングのインフラとしても活躍

議事録など、従来の会議のクリエーティビティーの妨げとなる業務をAIによって代替し、会議のインフラとしての役割を果たします。

ワードツリーによるインスピレーション

独自のアルゴリズム開発によって、ユーザーのクリエーティブジャンプを可能にするワードツリーは発想の広がりを全面的に支援します。

ビジュアルによるインスピレーション

発言内容をもとに、独自アルゴリズムでビジュアルイメージを自動抽出。ワードツリーとともに表示することで、右脳・左脳の両方を刺激します。

様々な企業・職種のニーズに使用可能

広告代理店・制作会社・テレビ局 ・映像制作・メーカーなどのプランニング、新企画や新商品サービス開発のアイデア発案ツールとして使えます。

事例 3:リアルタイムでの勝敗予測が可能に

使用AIモジュール

  • 物体検出モジュール
  • 分類・回帰・クラスタリングの基礎モジュール

AI ELEVEN

AIによるリアルタイム戦況分析で新たな観戦体験を実現

従来のテレビでのサッカー観戦は、サッカーにあまり詳しくない方にとって、どちらのチームが優勢なのか所見では分かりづらく観戦に没入しにくいという課題がありました。
さらに、試合途中からの視聴者にとってはスコア以外に参考情報が少なく、戦況の把握に時間がかかるなど、ストレスフリーな観戦になっているとは言い難い状況がありました。

AI ELEVENは、リアルタイム映像から選手やボールの動きを検出、過去の莫大なサッカーの試合データを元に分析することで、リアルタイムの勝敗予測を可能とし、視聴者に瞬時の戦況把握を提供します。これによりテレビでのサッカー観戦の醍醐味とも言える仲間同士での会話のきっかけを増やし、試合観戦体験のさらなるエンタメ化を実現しました。

現在はサッカーにおける試合結果予測に特化していますが、同様のロジックは、他のあらゆるスポーツにも適応可能であり、AIによって様々なスポーツ観戦の魅力を最大限に引き出すことを目指しています。

事例 4:LIVE配信でのモザイク処理を実現

使用AIモジュール

  • 物体検出モジュール
  • モーショントラッキングモジュール

REALTIME MOSAIC

リアルタイムで人の顔にモザイク処理を施しながら動画を撮影・保存

公共の場での動画撮影では、基本的に関係者以外が映り込んでしまうことが多く、プライバシーの観点から好ましい撮影環境とは言えないのが現状です。また撮影後の動画編集で関係者以外の人物の顔にモザイク処理を施すにしても、かなりの労力が必要となり、大人数が映り込んでしまうシーンでは、さらに膨大な処理が必要なため、非常に大きな負担となっていました。

REALTIME MOSAICは、AIによるリアルタイムモザイク処理技術によって、撮影後の動画編集に対する負担を減らすだけでなく、これまではほぼ実現不可能であったLIVE配信でのモザイク処理も実現し、プライバシー上の問題を抱えることなく、公共の場での撮影・LIVE配信を可能とします。

本ツールは場所を選ばずに使用することができ、テレビ番組撮影、YouTube向けの撮影、その他様々なプラットフォームでのLIVE配信など、様々な場面でご活用いただくことが可能となっています。

 LIVE配信を容易に

いつでも、どこでも、プライバシーに配慮したLIVE配信を可能に

 動画編集時間、手間を軽減

人物の顔へ自動でモザイク処理を行い、動画編集時間・手間を大きくカット

 様々な目的でで使用可能

放送局、番組制作会社、YouTubeなど、様々な目的で使用可能

事例 5:AIによって必要な情報の収集・整理

使用AIモジュール

  • WEBクローリングモジュール

メタクローリングAI

AIによって莫大な情報の中から必要な情報を収集・整理、情報収集業務の効率化を実現

従来のリサーチなどの情報収集に関わる業務は、莫大な情報に対して人力で検索・収集・整理を行っている部分が多く、人的にも時間的にも、莫大なコストがかかることが通例となっていました。
また情報の不正利用などのリスクは常に存在しており、そのモニタリングを人手で行うのは現実的ではなく、適切なリスクマネジメントがなされていないという実情も存在していました。

メタクローリングAIは、AIによって自動で莫大な情報から必要な情報を検索、ユーザが必要とする適切な形で情報を整理・提示するサービスです。
情報収集・整理などのリサーチ業務のツールとしてだけでなく、情報の不正利用を検知する情報リスクマネジメント向けの有要なツールとしても活用することが可能です。本サービスを用いることで、適切に構造化された情報を資料として利用できるようになるため、商品企画など人間の発送が必要となる分野へさらなる注力が可能となり、情報収集にかかっていたコストの大幅カットも実現します。

 収集AI

WEBなどに散乱する膨大なテキストや画像などの情報をAIが自動で収集・参照

 整理AI

収集された情報をユーザーが利用しやすいように整理

この事例の活用が期待できる産業・企業

動向調査:コンサル企業・官庁の動向調査

不正利用調査:論文執筆やレポートにおける盗用有無のチェック

ソーシャルリスニング:SNSを分析したソーシャルリスニング

事例 6:イベント満足度調査AI

使用AIモジュール

  • 物体検出モジュール
  • モーショントラッキングモジュール

イベント満足度調査AI

来場者の感情分析により、イベント内での感情の動きを可視化

従来のイベント満足度調査では、アンケート調査やインタビュー調査などが主な手法として行われるため、得られるデータも主観的なデータが大きな役割を占めており、客観的なデータに基づいたイベントの改善が困難の状況にありました。

イベント満足度調査AIは、来場者の感情把握をリアルタイムで可能とし、展示やイベント内行動などの細分化された単位での感情の把握も可能となります。
来場者から言語化されることのない感情的なフィードバックを瞬時に獲得・蓄積していくことができるので、客観的なデータに基づいた継続益なイベントの改善に役立てることができます。

さらには性別や年齢、時系列での計測など、特定のセグメントの来場者の感情を選択的に把握することも可能となっているため、ユーザーの様々なニーズに即した活用が可能となります。

時系列でユーザーの満足度・反応を計測

映画や講演を視聴しているユーザーの反応など、時系列でユーザーの反応・満足度を継続的に計測

特定の人の満足度・反応を計測

展示会やオフィスなど、限られた人数の場面で、特定の人の反応・満足度を継続的に計測

この事例の活用が期待できる産業・企業

展示会・セミナーなどで来場者の反応や満足度等を測定

学校・塾で生徒の表情や感情を測定

映画館・劇場で来場者の表所から感情や満足度を測定

企画・組織の会議などの場面で表情や感情などを測定

AI 事例

使用AIモジュール

  • 物体検出モジュール
  • 画像領域分解モジュール

広告効果予測AI

AIによる広告効果の事前検証

広告効果予測AIは、広告の効果を事前に検証することにより、配信前に修正する機会を創出し、広告効果の最大化を実現することが可能です。

従来の広告施策では、実際にターゲットに対してどれくらいの訴求力を持っているのかを事前に検証することが困難で、過去の経験に依存させざる得ないという実情がありました。さらにメディアの多様性に伴い、ターゲットに最適化された広告戦略を打たなければ、広告効果が上がりにくくなってきており、客観的な検証をするニーズが高まっていました。

この広告予測AIを利用することにより、事前に広告クリエーティブの効果検証を実施することが可能となります。さらに性別や年齢など、特定のターゲットごとの広告の訴求度を事前に把握することができるので、ターゲットの特性に応じて最適化した広告配信を行うことが可能です。

本AIは、学習データとして過去の広告などのユーザーアンケートデータを使用しており、新聞や雑誌、バナー広告など幅広いメディアでお使いいただけます。

 広告効果の事前予測

広告の効果を事前に予測することで継続的に効果の高いクリエーティビティを実現

 短時間で予測結果を取得

高コスト・長時間のユーザー調査に頼ることなく、その場でスピーディに予測結果を取得

 様々な目的で使用可能

商品パッケージや本の表紙の評価など多種多様な用途で利用が可能