Top ニュース データアーティスト、DLPOと共同開発したCVR最適化AIサービス「Microscope(ミクロスコープ)」が株式会社セプテーニのAIを活用したLPOツール「SaiL(セイル)」と連携開始
2021年09月28日
データアーティスト株式会社

データアーティスト、DLPOと共同開発したCVR最適化AIサービス「Microscope(ミクロスコープ)」が株式会社セプテーニのAIを活用したLPOツール「SaiL(セイル)」と連携開始

Microscope×SaiL

データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本覚 以下「データアーティスト」)は、DLPO株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役: 作左部勇次郎、以下「DLPO」)と共同開発を行ったCVR(*1)最適化AIサービス「Microscope(ミクロスコープ)」において、株式会社セプテーニ (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:清水 雄介、以下「セプテーニ」)のAIを活用したLPO(*2)ツール「SaiL(セイル)」と連携を開始いたしました。

データアーティストとDLPOが共同で開発・提供する「Microscope」は、
①AIを活用して興味関心や検討深度に応じて初回来訪含む全ユーザーを自動分類・セグメンテーション
②AIを活用したキャッチコピーの自動生成
を実現し、CVRを最適化するAIサービスです。
さらに、ABテストを実施することで各セグメントに応じたキャッチコピーの見つけ出し、セグメントごとにパーソナライズ配信を行うことでCVRの最大化が可能です。

またセプテーニの「SaiL」は、各オーディエンスデータからAIでスコアリングを行い、見込みスコア別に配信セグメントを自動生成することで、サイトへの再訪ユーザーに対して訴求軸やコンテキストなどのABテストを実施するツールです。 さらに、ABテストの結果を含めAIで機械学習を行い、各セグメントのLPを継続的に最適化することが可能です。

この度の連携により、「Microscope」では初回来訪含む全ユーザーの外部サイトでの行動履歴に基づいた興味関心や検討深度に応じたセグメントの自動生成だけでなく、閲覧履歴や行動データといったサイトへの再訪ユーザーデータ も活用したセグメントごとのLPを出し分けが可能となりました。これにより、コンバージョン率のさらなる改善を図ることができます。

データアーティストでは、AIを活用したより高度なデジタルマーケティングソリューションをこれからも提供して参ります。

*1 CVR(Conversion Rate):コンバージョン率
*2 LPO(Landing Page Optimization):ランディングページの最適化

「SaiL」と「Microscope」連携イメージ

「SaiL」と「Microscope」連携イメージ

「Microscope」と「SaiL」連携の効果検証について

「Microscope」と「SaiL」を連携した効果について、芸能関連業界のクライアント様にて実証実験を行いました。
実証実験では「Microscope」でAIを活用し、来訪ユーザーを興味関心に応じた2つのセグメントに分け、 ファーストビュー訴求軸で3パターンのLPを制作し、各セグメント別にABテストを実施しました。

検証の結果、各セグメントによって効果の高いLPパターンが異なることがわかりました。また、通常のLP配信時のCVRと比較して、全てのオーディエンスに平均的に効果が高いLPを配信した場合の改善率が25.8%だったのに対し、「Microscope×SaiL」を活用して セグメント別で効果が高いLPを配信した場合は38.7%の改善率を達成することができました。


通常LP配信のCVRと比較した場合の改善率


通常LP配信のCVRと比較した場合の改善率
■問い合わせ先

Microscope×SaiLに関するお問い合わせはこちらへお願いします。
メールアドレス: micro@data-artist.com