Top ニュース 誰でもできる!1stViewの楽々作成でWEBサイトの鬼速PDCAを実現
2021年3月26日
データアーティスト株式会社

誰でもできる!1stViewの楽々作成でWEBサイトの鬼速PDCAを実現
〜WEBのデザイナー・コーダーに一切頼ることなく「KaleidoShot」で簡単・高速に各WEBページの1stViewパターンの量産を実現〜

KaleidoShot

データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本覚)はWEBページの1stView※の自動生成ツール「KaleidoShot(β版)」の提供を開始いたします。

※「1st View」(ファーストビュー)とは、ユーザーがWEBページにアクセスした時に最初に表示される、スクロールせずに画面に表示されるコンテンツのことです。

WEBサイトPDCAの大きな壁:「時間」、「手間」、「コスト」

WEBページの更新、ABテストやパーソナライズを実施することによって、WEBサイトのコンバージョン率の改善を目指している企業やデジタル広告代理店は年々増加しています。

一方で、LP※などのWEBページを複数パターン作成し続けることが運用者の大きな負荷となっています。WEBページの準備には作案、デザイン、コーディング、実装など、様々な作業が発生し、時間・手間・コストがかかります。また、多大な労力にもかかわらず、CVRの改善など、最終的な効果は100%保障されていないという精神的なハードルがあることも事実です。
そして、ページの更新、ABテスト、パーソナライズ等によるWEBサイトのPDCAを実施したくとも、「時間」「手間」「コスト」がネックとなり実現が難しい場合が多くなってしまっています。

※「LP」とはランディングページを省略したものです。ユーザーが検索結果や広告などを経由して最初に着地するWEBページを指します。

KaleidoShot

「KaleidoShot」でWEBサイトの超高速PDCAを実現

「KaleidoShot」を使用することでユーザーは、デザイナーやコーダーなどのWEB専門家に一切頼ることなく、簡単で高速にWEBページの「顔」でもある「1st View」の多数パターンを自由自在に作成・変更することが可能となります。

KaleidoShot

多種多様なWEBページやクライアントに対応する「KaleidoShot」

自社ページだけでなく、クライアントWEBサイトのLP、トップページ、商品ページ、会員登録ページなど、「KaleidoShot」は多数ページの1st Viewの作成を可能にします。

特にデジタル広告代理店など、複数クライアントの複数のWEBページの更新・ABテストやパーソナライズを実施している運用者は通常のWEBブラウザーから「KaleidoShot」を使用することで、WEBの超高速PDCAを実現することができます。

KaleidoShot

完成した1st Viewは対象のページやLPOツールに張り付けるだけ

ユーザーは「KaleidoShot」の管理画面から各1st Viewパターンに使用する画像の他に、キャッチコピー、商品・サービスの説明文、アクションボタンと1st Viewのレイアウトまで自由自在に調整することができ、そのインターフェースはPCとスマートフォン両方に対応しています。

出来上がった1st ViewパターンはHTML/CSSデータとして生成され、そのまま対象のWEBページやLPOツールに張り付けるだけで内容が反映されます。

KaleidoShot

各1st Viewパターンの細かい設定・調整も

1stViewパターンのレイアウト変更のみならず、フォントカラー・サイズ、アクションボタンの形・カラーや色等々、簡単・高速に細かいレベルでの様々な調整も可能です。

KaleidoShot

「KaleidoShot」は「万華鏡(=Kaleidoscope)」を参考に、様々な要素を組み合わせることによって、豊富で多数のパターン(1st View)を簡単・高速に作成できるというコンセプトで開発されています。

今後の展開として、「KaleidoShot」はキャッチコピーや画像の自動生成・選定など、最先端AIを活用した新機能を拡充していき、マーケティング領域のDX化に一層貢献ができればと願っています。



本件に関するお問い合わせはこちらの連絡先までお願いします

データアーティスト株式会社
メールアドレス: micro@data-artist.com