Top ニュース 今晩の!今週の!ニーズが見える!超短期未来予測サービス「Horoscope」を開発
2020年11月27日
データアーティスト株式会社

今晩の!今週の!ニーズが見える!超短期未来予測サービス「Horoscope」を開発
~AIによるビッグデータ解析で、マーケティング利用できる需要予測が可能に!~

Horoscopeロゴ

データアーティスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本覚、以下「データアーティスト」)は、 法人向けマーケティング支援ツールとして、AIによるビッグデータ解析によりキーワード単位で需要の高まりを予測するエンジン「Horoscope」を開発いたしました。

HoroscopeはAIによるビッグデータ解析により、向こう一週間の間にトレンド化・需要増により情報流通化するキーワードを推察することで需要予測を行うエンジンです。さらに、そのワードが実際に登場する時間帯をピンポイントに把握することを可能としています。

Horoscopeの短期的な未来需要予測により
最適なタイミングで各マーケティング施策を実施
データサイエンス

ex:キーワード「レモンパイ」の需要が高まる予測をキャッチした場合の
マーケティング施策イメージ

実際の活用シーンとして 、特定ワードの需要の高まりを察知した場合、下記のような施策の検討が可能になります。

  1. OWNEDメディアに活用 → 需要化するワードに合わせた最適なWEBやアプリのコンテンツを表示
  2. PAIDメディア施策に活用 → タイムリーにテレビCMやバナー広告を配信
  3. EARNEDメディア施策に活用 → 需要増加タイミングに合わせてSNSへの投稿を実施
  4. PR施策に活用 → 需要に応じたリリースなどの配信
  5. 流通施策に活用 → スーパーやコンビニの仕入れを最適化

Horoscopeを用いることで、これまでは今までの経験を頼りに行っていた販売の意思決定を、データに基づく最適な意思決定へと洗練させることが可能です。

Horoscope 2つの特徴

実際のUI画面とともにご紹介させていただきます。

  1. 日時毎のキーワード(需要増加ワード)の短期予測が可能

下の画像のように、具体的なキーワードだけでなく、需要増加に伴うSNSなどメディア上での情報量や、需要増加の日時を予め知ることができます。

Horoscope UI画面 ①
img
  1. 性別や年齢ごとの需要を予測することで、より効果の高いマーケティング施策を実現

メディアに発信される様々な情報に対し、性別や年齢によって、各セグメント層の反応が異なります。Horoscopeは各セグメント層の需要量を精度高く予測することで、「最適なタイミング」かつ「最適なユーザー層」に対する、高い効果のマーケティング施策を実現します。

Horoscope UI画面 ②
img

Horoscopeは現在、飲食に関連するトレンド予測に特化しておりますが、順次他ジャンルに関するトレンドも予測できるよう継続的にシステムの改善を測って参ります。

当社は、AI領域におけるデータに基づいたビジネスの創出・発展を支援するツールの開発を継続し、デジタル領域だけに留まらないマーケティング課題の解決を目指します。

本件に関する問い合わせ先

メールアドレス: horoscope-contact@data-artist.com