• DAのAIロボ
    Presents

    AI×メリット

AI(人工知能)という言葉を耳にしない日はないというほど、AIはビジネスや私たちの生活に深いかかわりを持ってきています。私たちは気が付かないうちにAIに関わり、その恩恵を受け始めています。

AIは特定の分野ではすでに人間を凌ぐ活躍をしており、これまで人間が行ってきた多くの細かな定型化された作業もAIに置き換えられるようになってきています。

AIは、私たちにとって身近な存在になってきていますが、一方でAIについて深く知らなかったり、いったいどのように活用すべきかをわからないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、そのような方たちにもAIが持つ様々なメリットなどをご紹介したいと思います。

AIのメリット

メリット

AIは得意とする分野が多くあり、私たちの社会環境に大きく貢献し利益、効果(メリット)をもたらしてくれます。

merits1

労働力不足の解消

AIは人間より得意とする作業が数多くあります。AIが人間より得意とする作業をAIに置き換えることは労働力不足の解消につながります。

merits2

生産性の向上

AIを活用することでより少ないコストや時間でより多くのアウトプットを産出することが可能になります。

merits3

人件費の削減

人間が今まで行ってきた定型業務などの作業をAIに代替することによって、人件費の削減効果は期待できます。

merits4

利益の増加・コストの削減

AIは予測を立てることを一つの得意分野としています。AIは顧客のニーズや市場の動向を人間より精度高く予測する場合がよくあります。その結果として、 収益の増加や費用の削減という経済的な効果が得られます。

merits5

危険業務の軽減

人の代行でAIを活用することで、危険が伴う業務や人間が立ち入ることのできない場所での作業が可能となります。

merits6

コミュニケーションの向上

AIを活用した自動翻訳や通訳によって、海外の方や障害のある方とのコミュニケーションがより円滑になる場合があります。また、研究などのための多国語での情報収集はより容易になります。AIを活用したコールセンターの接客サポートや迅速な顧客サポートを可能にする、自動対話型のチャットボットの活用はコミュニケーションの向上にもつながります。

merits7

顧客満足度の向上

AIの活用はお客様の満足度の向上につながる場合がよくあります。お客様への最適な接客をアドバイスする接客サポートのAI、商品の異常・故障を検知・予知するAIや声だけで簡単に買物ができるAIスピーカーは顧客満足度の向上に貢献するいくつかの好例です。

merits8

人材活用の向上

人間がこれまで行ってきた定型業務などの業務をAIに置き換えることによって、人間はよりクリエイティブな作業や人への高度なコミュニケーションやケア力が求められている仕事に集中できる環境が生まれます。言い換えてみれば、人間は単調や面倒というような仕事から解放され、人間はより人間の強みが活かせる、より価値の高い仕事に集中することができるとのことです。

AIのデメリット

デメリット

目覚ましいAIの進化に伴い多くのメリットがある反面、心配されることもすくなからずともあります。自動運転などによる事故等、法の整備など急務となる課題もあると考えられます。

unmerits1

雇用の減少

定型業務などの業務がAIに置き換わることにより人間が今まで行った業務量が減少し、一部の雇用の減少がおきるのではと懸念されています。

unmerits2

セキュリティリスク

AIは多くの有益な情報を保有しているため、AIを狙った外部からのハッキングなどによる情報漏洩が懸念されます。そのためセキュリティ面でのリスク対策が必要となってきます。

unmerits3

AIには苦手な分野もある

AIは過去に経験のない業務やイレギュラーな対応を苦手としていているため、苦手とする業務への置き換えが難しいと考えられています。

多くのメリットがある反面、少なからずデメリットも存在しています。
目覚ましいAIの進化の一方、リスクが伴うこともご紹介しましたが、今後のAIの可能性・メリットはとても大きいものと考えています。


AI活用の具体的なメリット( 例 )

メリット

次に更に詳しくAIを活用した結果、得られるメリットの一例を活用例とともにご紹介します。


【スポーツ】今後の試合や競馬の結果を予測するAI

勝率の高い情報が得られます

【工場】今後の需要を予測するAI

在庫管理を最適化することでコストを削減、利益を増加

【店舗】今後の売上を予測するAI

より精度の高い販売計画を作成

【犯罪】今後発生する犯罪を予測するAI

防犯対策を最適化

【工場】製造現場機器の故障を予測する。

故障要因の予防促進で生産効率の最適化。

【交通】今後のタクシー需要を予測するAI

より多く価値のある乗客が乗車することで利益を最大化

【医療】病気の発症リスクを予測する。

発症リスクを早期に確認し予防医療の最適化。

【海域交通】船舶衝突リスクを予測する。

衝突リスクを回避し安全運航の最適化。

【健康管理】糖尿病患者の30分後の血糖値を予測する。

低血糖を防止し健康管理の最適化。

【教育】いじめが深刻化する確率を予測する。

防止対策を立ていじめ教育を最適化。

【金融】お金の流動性を予測する。

新たな金融サービスが創出され顧客満足度の最大化。

【広告】テレビ広告のレスポンスを予測する。

適材適所への広告が実現でき広告効果の最大化。

【災害】今後の洪水発生を予測するAI

より精度の高い防災計画で安全管理を最適化