• ペリーの
    黒船AIニュース

    テキストやコピーの作成 今後は「TASUKEAI」?


最近は「記事の見出し」、「広告のコピー」、「商品の紹介文」等々、テキストやコピーを自動的に生成するAI(人工知能)が日々増えているように感じます。俳句や小説、テキストロゴを自動的に生成するAIまであります。すごい。

ただ、個人的な感想ですが、現段階では高い品質を求めた場合、AIが生成したものより、優秀な人間の努力によって作り上げられたテキストの方が勝っている場合が多いのではないでしょうか。

とは言っても、「質」より「量」が重要視されるようなテキスト(例:リスティング広告やECサイトの商品紹介文など)に関しては人間よりAIが勝る場合があると思われます。最高品質ではない、ある程度のクオリティの文章を量産するような仕事であれば、悔しいですが、AIは人間よりずっと優れているはずです。

AIを活用することで記者やコピーライターなど、「テキストクリエイター」の仕事がなくなるというようなことをよく耳にしますが、今現在のAIはむしろ、ある種の「助っ人」になっていると思います。AIなら1~2秒という短時間でもたくさんのテキストを生成することができます。それによって、下記の「スローガンジェネレーター」のように、様々な面白い、ちょっと意外性のあるテキストが生成されます。しかし、「あっ、これだ」というテキストはなかなか現れないかもしれません。

「これだ」と思わされる、人間の心に響く、誰にでも認められるような文章を生み出すには、やはり経験とセンスのあるプロフェッショナルの能力が求められます。テキストやコピーの質がさほど重要でない仕事は機械(AI)に任せて良いと思いますが、人間の心に響くような、クオリティの高いテキスト(広告コピーなど)を作成するには、まだまだ人間なしでは考えにくいと感じるのは私だけでしょうか。

ただ、クオリティの高いテキストを作成する過程の中で、AIはTASUKEAI (助けAI)という意味では大きな役割を果たすことができるのではとも思います。なぜかと言いますと、AIを活用することで、発想を膨らませてくれるアイデアの種(コピーの例など)を量産することができるからです。それによって、記者やコピーライター等のプロフェショナルは今までより短期間でより多く、より幅広いアイデアの種に触れることができます。

優秀なAIと優秀なプロフェッショナルのコラボで、人間の想像力を最大限に伸すことが可能になり、その結果として、独創的でありながら、人間味のあるテキストが生み出されることもあるはずです。人間と機械の美しいコラボで「これだ」というより「あっ、そうきたのか~」というような魔法感のあるテキストが生まれてくることを楽しみをしています。

WEB上では自動的にテキストやコピーを生成するする二つのラブリーなAIサービスと巡り合いました♥ ハマる。

■ Free slogan maker のご紹介

■ InspiroBot のご紹介

InspiroBotによって生成された画像つき引用文の例:

“ダンシングと世間のあざ笑いは、ハンドクリームと紅茶と同じように、相性が良い。”

“あなたの身体は女王様と同じように美しくいられます。ただ、その正反対も考えられます。”

“みんなさんに良いことしましょう。優しさだけはやめましょう。”

“あなたはひどいものであるべきだ”

“あなたの脳は愛を広めるためにできているわけではない。”

“未熟さとヒステリーには関連があるようです。”