• ペリーの黒船AIニュース
      エンジニアの親の暖かい「心」。
      我が子の睡眠姿勢をAIで監視

      AI 画像認識 睡眠
うつぶせ寝は乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因の一つだと言われている。
そこで、米大手IT企業のエンジニアである「Benjamin Lui」が可愛い可愛い娘を守るために、AIのディープラーニング(深層学習)技術 を活用することにした。Lui氏はディープラーニングの画像認識技術で寝ている赤ちゃんの数千枚の画像を学習させ、監視カメラで娘の睡眠状況を見守っている。画像を学習することによって、睡眠中である赤ちゃんの動きを自動的に計測することが可能になる。

赤ちゃんがうつ伏せになった時、泣いた時、ベッドから出た時、起きた時にアラートが親のスマートフォンやメールに届いて便利。また、撮った動画は赤ちゃんの成長記録としても使えて、楽しそう。Luiお父さん、 ちょっと好きになった♡

ペリーコメント:「Mr Lui is a Great Guy. Ultra Great Guy! America is Great Again!」
詳細を見る(英語)