info@data-artist.com 03-6722-0100

トップ > アトリエ >ストックフォト美少女選手権

ストックフォト美少女選手権

こんにちは、代表の山本です。

みなさん、ストックフォト(お金を払えば自由に使える画像)を選ぶのって大変じゃありませんか?

いっぱいありすぎて、どれがいいのか分からないですし、ずっと見ているうちにゲシュタルト崩壊が起きてきます。
やっつけで選びたい気持ちを抑えながらもきちんと精査するのはとてもつらいことです。

ん?やっつけで選ぶのは本当にいけないのでしょうか?やっつけで選んでも効果に差がないのであれば、運用コストを削減することが出来ます。

そこで、ストックフォト美少女選手権と称して、以下の9つのストックフォトのCTRの測定を行いました

※以前広告業界の調査をした際に、「ユーモア」が大事であることが分かりました。そこで男性の写真を入れています。美少女選手権に男性の写真を入れることは面白いのではないかという、私なりの精いっぱいのユーモアです。

結果報告

結果は以下の通りです。

今回はそれぞれ、400,000回表示しています。CTRの統計的な誤差はグラフの中の誤差棒で示しています。誤差棒がかぶっていない場合は、統計的に信憑性をもって優劣をつけることが出来ます。今回はきちんと優劣のわかる結果になりました。

考察

以下のことが分かりました。


1.やっつけで選んではいけない。

今回、使った画像によってCTRに大きな差が出ることが分かってしまいました。ですから、当初の目的であったストックフォトをやっつけで選んで運用コストを下げるという夢はあえなくやぶれました。

2.かわいい子は結構強い。

社内で満場一致でかわいいと言われていた、この写真が2位となりました。

どの画像を選んで良いかわからない時は一番かわいい子を選べばそれなりに外さないことが分かりました。

3.ソース顔は広告に向かない。

個性的な美人ではあるのですが、ソース顔の写真が8位、9位でした。

4.中途半端なユーモアは何も生まない。

私の精いっぱいのユーモアをこめた渾身のバナーは6位でした、真ん中より少し下です。不慣れなことはすべきでは有りません。

5.布の少ない服を着た方が良い。

社内で誰も予想していなかったのですが、この写真が1位でした。

正直この写真だけ見ると、かわいいのかどうかすらわかりません。ただ言えることは着ている服の布が少ないことです。

布の少ない服を着るとクリックされるという仮説を裏付ける結果がもう一つあります。
この写真は7位でした。

比較的美人な方だと思うのですが、ただただ布が多すぎます。
たとえ美人でも布が多い服を着ることで、辛うじてソース顔には勝つものの、中途半端なユーモアに負けてしまいます。

調査を終えて

今回得られた「布の少ない服を着た方が良い」という結果は、考えてみれば当たり前で、特に新たな知見はありません。
が、このことがデータにより示されることで、布の少ない服を着た女性の画像を使い、広告の効果を高め、会社の成果に貢献するという社内交渉がよりしやすくなるのではないのではないかと考えています。

データアーティストは、『やってみたいけどやってはいけない気がすること』の効果をきちんと検証し、
マーケティングを効率化することに少しでも貢献できればと考えています。

おすすめ記事

ページトップに戻る

TOPICS
Google