データとAIを使うことで学校はどのように教育を拡大し、生徒の障壁を打破するのか?

前米国教育長官であるRichard Rileyの言葉を要約すると、私たちは現在、まだ発明されていないテクノロジーを使って、今はまだ知られていない問題を解決する、まだ存在しない職に向けて学生に準備をさせています。

学生に将来の仕事の準備をさせることは困難な課題であり、国連の掲げた万人に開放された質の高い教育を施すという目標を達成しようとする際に、世界中の政府や機関が直面している問題でもあります。この課題を解決するためには、教育への新しいアプローチが必要なことは明らかです。Bettでは、主要な教育者によって探求されるテーマの1つは、教育技術またはedtechによって提供される教育機会です。

新たな教育アプローチは、革新的な実践に推進され、関連テクノロジーにサポートされます。そうしたアプローチはインフラと教育の両方の面で機能し、学習者がどこにいても最高の学習機会を得られることが期待されています。その際には、学習者の個人データは、彼らが進学をして、さらに就職をする際にも、安全を確保したうえでその管理や転送を行う必要があります。問題点は、基本的な技術要件(すべての学校は本来の機能を発揮するために高速で安定したインターネットアクセスが必要となります)から、プライバシー、ビッグデータ、さらには社会的および文化的なステレオタイプの解読についてのより複雑な問いにまで及んでいます。

イギリスではインターネットアクセスが普及しているため、生徒のプライバシーとオンラインの安全性が注目されています。学校は無防備なデータがどのようにオンラインになってしまうかを知っているため、多くの学校はネット環境を敬遠しています。間もなく施行される一般データ保護規制(GDPR)によって、多くの学校にデータ保護責任者という新しい役職が誕生することになります。これは短期的には職員への責任追加であり、彼らの多くは充分な準備ができていません。しかし、データ管理の専門知識を奨励する学校では、データを使用して、その解釈を行うことで、学習傾向をよりよく理解し、社会的課題に取り組むことができます。

BettはKidzaniaやHavasと連携し、6万人の子供たちが選んだ職業体験の選択を調査しました。結果、女子は男子よりも、2,000%以上も高い割合で性別的にステレオタイプな役割を選ぶ傾向にあるということがわかりました。彼女たちは多くの場合で、自身の年齢とスキルレベル以下の選択肢を選びました。学校は急速に拡大する情報環境下にあります:情報を正しく使用することで、政府の対応を促したり学校レベルのイノベーションの応用を行い、子どもの可能性を制限している目には見えない壁を崩すことができる可能性があります。

教育を受ける子供の数が増えているため、AI(人工知能)を利用した適応学習がますます重要となっていきます。講師が授業をスケーラブルに編集できるシステム、さらにそれぞれの生徒のアカウントで一人一人の成長のペースに合わせて学習を進めることができ、結果だけではなく努力過程の分析も行えるためシステムへのアクセスを獲得することができれば、非常に革新的なものとなるでしょう。このシステムは、勉強に苦労する学生1人1人と向き合い、彼らの進歩を正確に記録する際の教師の時間を大幅に節約してくれます。時間の経過とともに、そのシステムによって、雇用者は新入社員が国連の教育目標を達成するための学習環境を、どのように学習し創造しているかを理解できるようになります。

現在8歳となるアルファ世代は、デジタルコンテンツの消費と作成、タブレットやモバイルデバイスでの作画、ビデオの作成、写真やゲームの撮影に精通しています。そうした世代はEdtechに深く慣れ親しんでいます。しかし、子ども向け書籍市場の拡大を通して、子供たちは今でも本のページをめくるという身体的な活動が大好きであることもわかります。明らかなことは、子供たちは学習環境の中にこれらすべてのアプローチが導入されることを期待しており、さらに重要なことは、学習の進捗に応じて、そうしたフォーマットが開発され続けることを期待しているということです。

最も注目される学校では、指導の一環として1人に1デバイスを与え、プロジェクトベースの問題解決型の学習アプローチを採用しています。この学校では、男子と女子両方の情熱を育むためにコーディング、ロボット工学、その他のSTEAM関連の活動[科学、技術、工学、芸術、数学]を教えています。彼らは、新興技術のニーズとまだ発明されていない仕事のニーズに応えています。

この記事は、Raconteur に掲載された「How can schools use data and artificial intelligence to broaden education and break down barriers for pupils?」を翻訳したものです。